地上200メートルの高さから広がる緑豊かな皇居の森と都心のパノラミックビューを臨む天空のダイニングで至福のお時間をお過ごしください。大切な方とのお祝いやお集まり、ビジネスなどあらゆるシーンに最適なミシュランスターレストランからバーまで想い出に残るひとときを。

ダイニング施設

  • イタリアン

    PIGNETO / ピニェート

    「アボンダンツァ」(豊潤な人生)をテーマに、旬の食材を活かした季節のイタリア料理をファミリースタイルで提供するPIGNETO。ショーキッチンで腕を振るうシェフの姿を眺めながらお食事を楽しんだり、東京のパノラマビューを一望する屋外テラスでミラノならではのアペリティーボ (食前酒) を味わったり、和やかなひとときをお過ごしください。
  • フレンチ

    est / エスト

    ホテルの最上階に位置するestでは、日本の文化や食材に対する深い造詣からインスピレーションを得たジャパニーズフレンチを提供しています。また、ミシュランガイド東京2024において3年連続1つ星の評価を受けたestのシェフ・デ・キュイジーヌ、ギヨーム・ブラカヴァルと彼が率いるチームは、ゲストの思い出に残るクオリティの高いファインダイニングを提供するだけではなく、常に地球環境を意識したメニューの構成や運営を行っております。
  • バー

    VIRTÙ / ヴェルテュ

    上質な空間で美酒に酔いしれるひととき。VIRTÙではヘッドバーテンダーがフランスのヴィンテージスピリッツや希少なコニャックをベースに創作したオリジナルカクテルをご用意しています。フランスのクラシックなフレーバーに日本の素材と新しい技法を取り入れた感性豊かなメニューをお楽しみください。
  • ラウンジ

    THE LOUNGE / ザ ラウンジ

    THE LOUNGEでは、大きな窓から東京のスカイラインや皇居の森を眺めながら、スイーツ、アフタヌーンティーや軽食をお愉しみいただけます。マジックアワーには、サンセットから夜景へと移り変わる景観とライブミュージックで、リュクスな時間をお過ごしいただけます。
  • ルームサービス

    お部屋でくつろぎながら上質なお料理をお楽しみいただけるルームサービス。お夜食から朝食、テイクアウトメニューまでバラエティに富んだお料理をご用意しております。
  • ギフト

    テイクアウト

    お誕生日やお祝いのひとときを彩るのに最適な、フォーシーズンズホテル東京大手町オリジナルのギフトアイテムをご用意しております。贈り物にも最適な季節限定のケーキ、クッキーやチョコレートボックス、また、PIGNETOで人気のホームメイドピッツァを事前のご予約にて承ります。
1 / 6

イタリアン

PIGNETO / ピニェート

「アボンダンツァ」(豊潤な人生)をテーマに、旬の食材を活かした季節のイタリア料理をファミリースタイルで提供するPIGNETO。ショーキッチンで腕を振るうシェフの姿を眺めながらお食事を楽しんだり、東京のパノラマビューを一望する屋外テラスでミラノならではのアペリティーボ (食前酒) を味わったり、和やかなひとときをお過ごしください。

フレンチ

est / エスト

ホテルの最上階に位置するestでは、日本の文化や食材に対する深い造詣からインスピレーションを得たジャパニーズフレンチを提供しています。また、ミシュランガイド東京2024において3年連続1つ星の評価を受けたestのシェフ・デ・キュイジーヌ、ギヨーム・ブラカヴァルと彼が率いるチームは、ゲストの思い出に残るクオリティの高いファインダイニングを提供するだけではなく、常に地球環境を意識したメニューの構成や運営を行っております。

バー

VIRTÙ / ヴェルテュ

上質な空間で美酒に酔いしれるひととき。VIRTÙではヘッドバーテンダーがフランスのヴィンテージスピリッツや希少なコニャックをベースに創作したオリジナルカクテルをご用意しています。フランスのクラシックなフレーバーに日本の素材と新しい技法を取り入れた感性豊かなメニューをお楽しみください。

ラウンジ

THE LOUNGE / ザ ラウンジ

THE LOUNGEでは、大きな窓から東京のスカイラインや皇居の森を眺めながら、スイーツ、アフタヌーンティーや軽食をお愉しみいただけます。マジックアワーには、サンセットから夜景へと移り変わる景観とライブミュージックで、リュクスな時間をお過ごしいただけます。

ルームサービス

お部屋でくつろぎながら上質なお料理をお楽しみいただけるルームサービス。お夜食から朝食、テイクアウトメニューまでバラエティに富んだお料理をご用意しております。

ギフト

テイクアウト

お誕生日やお祝いのひとときを彩るのに最適な、フォーシーズンズホテル東京大手町オリジナルのギフトアイテムをご用意しております。贈り物にも最適な季節限定のケーキ、クッキーやチョコレートボックス、また、PIGNETOで人気のホームメイドピッツァを事前のご予約にて承ります。

美食体験

1 / 4

イベント&プロモーション

ホテルの最新情報をお届け

季節限定のメニューやイベントなどを含む、ホテルの最新情報をメールマガジンにてお届けいたします。

チーム

Executive Chef Satoru Hirano

平野 覚

エグゼクティブシェフ
平野は、横浜で生まれ育ちました。食に対する関心を持つきっかけは、両親からでした。母親は喫茶店を経営しており、子どもの頃からお手伝いをしていました。父親は、評判のレストランで食事をするのが好きで、その影響もあり平野は幼い頃から多種多様な食材を味わう機会を持てました。2020年、平野の活躍と評判が、フォーシーズンズホテル東京大手町のプレオープンチームの目に留まります。バンケットシェフとして入社すると、すぐにホテルの調理業務全般を統括するエグゼクティブスーシェフ、そしてエグゼクティブシェフに昇格します。ゲストが想い描く理想の料理を提供するために時間をかけてゆっくりと話を進めていきます。婚礼であればお二人の出身地、幼少期の出来事、お二人で作り上げた想い出など人生経験を聞く事で、カスタムメイドならではの心の通ったお料理のご提案を行います。企業様のイベントであれば、企業様の歴史から商品やサービスに対する想い、担当者様の置かれている状況を加味しながらベストなお料理を考えるようにしております。

「大切な食材を生産するサプライヤー、食材の素材を引き出し昇華させる厨房スタッフ、メニューの背景を説明するサーバー、そしてゲストの明るい表情。この一連の流れが最高のダイニングを作り出す当たり前のことでありながら、一貫性を持たせ継続させる難しさでもあるのです」

Keith Motsi shaking a cocktail

キース・モッツィ(KEITH MOTSI)

ヘッドバーテンダー兼料飲オペレーション
フォーシーズンズホテル東京大手町の「Paris-meets-Tokyo」をコンセプトとしたバー「VIRTÙ」を仕切るのは、勤勉でカリスマ性のあるキース・モッツィ。ヘッドバーテンダーとして腕を振るうだけでなく、バーを訪れたゲストがいつまでも心に残るお時間を過ごしていただけるために、活気に満ちた夜を演出いたします。お客様が「最高の夜を過ごした」と感じて頂くために、些細な変化にも気を配ります。何気なく聞こえるBGMの音量や、心地よさを左右する店内の温度、そして照明の強さなど、お客様が五感で感じる全ての事に目を見張り美しい夜の演出に妥協を許しません。「私が持つ独特の個性とおもてなしの方法で、多くの皆様に何度も足を運んでいただきたいです」とキースは述べ、お迎えする多くのお客様にお会い出来る事を心より楽しみにしております。

「バーはお酒を愉しむ「場所」ではなく、バーテンダー、お客様、その瞬間やその場所によって創られる、まるでステージの上で行われる「ショー」のようなものです。唯一無二のひととき、ショータイムの始まりです。」

Chef de Cuisine Kigawa, wearing a white chef's coat, smiles for the camera while sitting on a couch

木川欣宏

PIGNETO 料理長
何年にも渡ってさまざまなイタリアンレストランの厨房で、そしてミシュランスターに輝くシェフの下で腕を磨いてきた木川欣宏。彼が料理長としてPIGNETO(ピニェート)にもたらすものとは、料理についての深い知識と技です。PIGNETOのメニューづくりは、各食材の生産地・生産者の匠の技、レシピの持つ文化的な背景への思いなどに加え、よりテクニカルな側面である栄養的な要素や塩分・砂糖の配分など、細部にまでこだわったものとなっています。また、ファッション、アート、建築と、木川は、自らを取り巻くさまざまなフォルムや色彩から、料理をつくるためのインスピレーションを得ています。

「新鮮な食材と心遣いから生まれる飾り気のない料理に、究極の洗練を感じます」

Pizza specialist DeLeo wearing white chef's coat sits on couch with arms crossed

アレッサンドロ・ルカ・デ・レオ (ALESSANDRO DELEO)

PIGNETO スペシャリティ ピッツァ シェフ
イタリア・ナポリ出身のアレッサンドロ・ルカ・デ・レオは、自身のルーツがもたらす伝統的なピッツァづくりの匠の技をPIGNETO(ピニェート)にて披露します。レストランで働いていた母親やほかの家族の影響により料理に対する関心は幼い頃から培われ、幼少時の思い出のひとつに、ピッツァづくりの大会を見に行った時のの会場の高揚した空気感を記憶しています。イタリアに古くから伝わる技をベースとしたアレッサンドロのピッツァづくりは『ナポリピッツァ バージョン2.0』と呼ぶにふさわしく、ピッツァに通常使われる『00番小麦粉』ではなく『0 番小麦粉』という画期的な小麦粉を使用します。アジアで主に流通している様々な国の小麦をブレンドしている小麦粉とは違い、非常に純度が高く、イタリア産の小麦を100パーセントを使用しています。季節や温度に合わせて、アレッサンドロの経験と技から作られる生地は深い味わいと食感です。ピザのトッピングに使う食材についても、日本の特産物以外はイタリアから直輸入し、本場の味と雰囲気を大切にしています。

「ナポリでピッツァといえば、人生そのものです。ナポリ人が代々受け継いできたピッツァづくりは、何十世紀もの時を経て芸術の域にまで高められてきました。ナポリでピッツァづくりを始めるということは、最高のピッツァ職人を目指すということなのです」

Smiling, bearded man wearing white chef's coat poses for camera while sitting on couch

ギヨーム・ブラカヴァル(GUILLAUME BRACAVAL)

シェフ・デ・キュイジーヌ
フランス北部の小さな村で生まれ育ったブラカヴァルは、自宅の菜園や農園に大きな影響を受けました。幼少の頃から、食材づくりに対する愛情と尊敬の念を抱き、キッチンでこねたり、混ぜたり、ローストしたり、パンや菓子を焼く母親の姿を見て喜びを感じていました。このことが彼のその後のキャリアへ導く礎となります。幼少期からの食材と料理に対する情熱は、彼をパリへと導きます。そして今日、ブラカヴァルは、フォーシーズンズホテル東京大手町のest で、日本の文化や食材に対する深い尊敬のもとにインスパイアされたジャパニーズフレンチを提供しています。ブラカヴァルは、自ら日本各地を訪ね、九州の漁師が捕ったばかりの新鮮な魚、和歌山の農園が育てる50種以上の柑橘類など、厨房で扱う食材の調達に妥協を許しません。est のメニューは、海の幸と山の幸をふんだんに使用し、フレンチのテクニックと日本の職人技を見事に融合して仕上げられています。

「優れたシェフには、芸術家のような思考が必要です。マーケットにいてもラーメンショップにいても、あるいは妻がつくる日本の家庭料理からも、ちょっとしたひらめきを得ることができます」

Smiling man wearing white chef's coat and sitting on couch poses for camera with arms crossed

ミケーレ・アッバテマルコ(MICHELE ABBATEMARCO)

ペストリー シェフ
「ゴ・エ・ミヨ2024」にてベストパティシエ賞を受賞したペストリーシェフのミケーレ・アッバテマルコは、イタリア北部ピエモンテ州モンフェッラートの活気あるマーケットからヨーロッパや日本でミシュランの星を獲得している一流のレストランまで、幼少期の頃より興味のつきない食の旅を続けております。 長年に渡って日本の食材を研究し、日本文化を学び、オリジナルのレシピをアレンジし続けています。四季、そしてそれを表す色彩を意識し、重すぎず、バランスの取れた一品を目指しています。新鮮なフルーツはもちろんのこと、和三盆、ぎゅうひ、寒天を始めとする、国内の小さな農家が生産しているプレミアムな食材を研究し、七十二候を表現した独創的な「作品」を創り上げています。

「味わうとは、味覚について綴られた一篇の詩のようなもの。芸術と同じように、一皿からも感動を得ることができるのです。口にした時の気持ちが長く続く思い出となったときにまさに、私の仕事が完成するのです」