Tokyo at Otemachi

知られざる東京の魅力:新旧が美しく響き合う東京

最高のバケーションとは、スーツケースに詰め込んで帰るものではなく、滞在先で出会った人やものに心通わせ、そこから持って帰る思い出です。東京を旅する拠点として、フォーシーズンズホテル東京大手町は最適なホームベースとなります。東京という街のスピリットを体感し、一瞬一瞬の喜びと驚きを体験できる小さな旅をご用意しています。フォーシーズンズホテル東京大手町チーフコンシェルジュ、阿部紗苗(あべ さなえ)が、皆さまの旅の素敵なお土産話になるプランをご提案します。

皇居のリビングレガシー

フォーシーズンズホテル東京大手町の目の前に広がる皇居では、多くの日本文化の試金石を見ることができます。御代替わりにより上皇・上皇后両陛下は既に吹上御所から引っ越され、天皇・皇后両陛下の新たなお住まいとして現在準備が進められています。皇居一帯は、東京都心にありながら緑豊かな地区であり、散歩コースとして、また皇居を周回する遊歩道は、ジョギングコースとしても親しまれています。皇居内へのプライベートツアーや、ご宿泊の日程次第では毎年1月2日に行われる新年の一般参賀などの特別な行事にもご参加いただけます。例年3月下旬から4月上旬頃の桜の時季には、皇居乾通りが一般公開されます。春のお花見のみならず、江戸城の歴史も学ぶことのできる植物の楽園を歩いてみてはいかがでしょう。

高層階から大都会を眺める

フォーシーズンズホテル東京大手町の最上階のテラスからは、360度のパノラマビューをお楽しみいただけます。ここから、息を飲むような首都東京の景色を是非見渡してみてください。日中は、皇居、スカイツリー、東京タワー、そしてお天気次第では遠くに富士山とコントラストのある風景が。日が暮れると、ビンテージのウィスキーやワインが欲しくなるような、これぞ大都会東京という夜景が広がります。都会で味わう贅沢、高層階の見晴らしの良いオープンエアスペースをどうぞご満喫ください。

世界に愛される日本の陶磁器

日本の焼き物の歴史は、約1万3千年前に遡ります。深い歴史を持つ陶器は、日用品であるとともに優美な美術品でもあり、贈り物やお土産物として人気が絶えません。全国47の都道府県はそれぞれに、歴史と甲乙つけ難い特徴のある陶芸品の産地です。私のお気に入りは、石川県の多種多様な上絵付けを特徴とする九谷焼です。都内の取り扱い店舗も少なくありませんが、ビンテージデザインの九谷焼なら「アンティークモール銀座」、よりモダンなデザインのものなら「AKOMEYA TOKYO(銀座本店)」がお勧めです。色とりどりの五彩絵具や金の華やかな色彩、そして和の美しさを感じる古典的な絵柄の九谷焼を手に取ってみてはいかがでしょうか。

OLD/NEWスイーツ

新しい文化に触れた時の私のお気に入りのひとつは、そこにあるスイーツを見つけるということ。これに共感いただけるなら、是非フォーシーズンズホテル東京大手町のTHE LOUNGEにお立ち寄りください。職人のつくった和菓子、そしてフォーシーズンズホテル東京大手町のエグゼクティブペストリーシェフ、青木裕介(あおき ゆうすけ)の手によるスイーツをご賞味いただけます。餅粉や小豆などの植物由来の材料を主とした和菓子と日本茶のペアリング、ヨーロッパ伝統のティータイムには、季節のフルーツを活かしたパフェやペストリーをお勧めします。江戸時代には将軍や大名が君臨していた大手町エリアの景色を眺めながら、甘い体験をお楽しみください。

Large red, yellow fireworks explode in the night sky

花火大会

世界各地で、お祝いの際には花火が打ち上げられます。東京では、花火自体が特別なイベント。光と色彩と音楽のドラマチックな花火大会は、東京の夏の風物詩のひとつです。浴衣に袖を通し、うちわを片手に花火大会に足を運んでみてはいかがでしょう。約300年の歴史を持つ東京の花火大会。江戸時代の享保18年(1733年)に、その前年まで続いた大飢餓や疫病で犠牲となった人々の魂を慰めるために、そして悪疫を祓うために、隅田川で水神祭が行われた折、花火を打ち上げたことがその由来とされています。以来、日本の花火師が世界に誇る技を競い合いながら、見事な花火を打ち上げ続けているのです。

请注意,您即将跳转至四季酒店在中国境外运营的网站。
明白