フォーシーズンズの歴史
フォーシーズンズの歴史

ラグジュアリーを目指して

Black-and-white historic photo of families dining in restaurant past doors with painted flowers, vase

1970~1979年

1970年代の幕開けと共に、フォーシーズンズは大きな転機を迎えます。英国ロンドンにホテルをオープンしたことで、フォーシーズンズの将来の方向性が定まり、現在世界中で定評を得ているフォーシーズンズの多くのサービスの原型が生まれたのです。それからわずか数年の間に、カナダ全国に10軒のホテルがオープンし、サンフランシスコとシカゴでも、米国初となるホテル運営契約を締結します。1970年代の末には、ワシントンDC州に自社ブランド「フォーシーズンズ」の名称でホテルをオープンし、米国市場への正式な参入を果たしました。

1970
1970年代、大西洋を超えたヨーロッパへの旅行ブームの到来と共に、イン オン ザ パーク ロンドン(現フォーシーズンズ ホテル ロンドン)がオープンします。それは、1960年代半ばに起きた、シャープ氏とある英国一族との出逢いがきっかけとなりました。その一族はハイドパークエリアに物件を所有し、ホテルの建設を予定していたのです。英国には、すでに豪華絢爛なホテルがあふれていると感じていた一族は、それとは異なるシンプルなホテルがいいのではないかと考えていましたが、シャープ氏には、異なるビジョンがありました。「公爵や公爵夫人のように贅沢な気分を楽しみたい一方で、格式高い老舗ホテルのような堅苦しい雰囲気に嫌気がさしている一般のお客様が喜ぶような、洗練された温かみのあるホテル」を提案したのです。最初は難色を示していた一族も、最終的にはシャープ氏の案に賛同してくれました。競合にはサヴォイ・ホテルなどの有名ホテルが名を連ねていたにも関わらず、ロンドンのイン オン ザ パークは常にほぼ満室の盛況で、その年のヨーロッパにおける年間最優秀ホテルとして名を馳せました。
1972
フォーシーズンズはその歴史の中で、ビジネスの柱となる4つの戦略的な意思決定を行っています。初めに着手したのは品質に関する方針です。便利な中心部にあり、美しく整った快適な空間で、親切なスタッフによる気配りの効いたサービスを24時間提供するシャープ氏初のロンドンホテルは、1970年代初頭の新たな旅行ブームで生まれた需要にまさに合致し、大きな成功を収めました。この成功が後押しとなり、シャープ氏は、「フォーシーズンズの4つのビジネスの柱」の最初の柱となる方針を定めます。それは、顧客の対象を絞り、ホテルの規模を中規模に抑え、気配りの行き届いたサービスを徹底することで、各地域で最も優れたホテルになることを目指すというものでした。
1976
次の戦略的な意思決定は、サービスに関する方針でした。フォーシーズンズは、1970年半ばまでに、米国への進出を検討していました。米国市場への参入を成功させるには強力な競争優位性が必要だと考えたフォーシーズンズは、ロンドンホテルを成功に導いた「卓越したサービス」で勝負する決意を固めます。こうして「真のラグジュアリーは、建築やインテリアではなく、サービスで決まる。フォーシーズンズは、卓越したサービスで差別化を図り、競争力を強化する」という2本目のビジネスの柱が打ち立てられました。
1976
サンフランシスコを代表する1913年創業の老舗ホテル「クリフト(The Clift)」の管理契約を締結し、米国に進出。全面改装を経てリニューアルオープンし、フォーシーズンズならではのサービスを提供してわずか数年のうちに、クリフトは、コンデナスト・トラベラー誌の読者投票で「米国で最も優れたホテル」に選出されました。
1979
ワシントンD.C.のペンシルベニア大通りに「フォーシーズンズ」の名を冠した最初のホテル「フォーシーズンズ ホテル ワシントンD.C.」をオープン。このホテルは、卓越したサービスが話題を呼び、トム・ピーターズ氏の経営本『エクセレント・カンパニー(原題:In Search of Excellence)』の前書きでも紹介されました。
请注意,您即将跳转至四季酒店在中国境外运营的网站。
明白